• HOME
  • 庖丁をうけとめる

CATEGORY

庖丁をうけとめる

まな板は、庖丁の切れ味を長く保つ秘訣の1つです。
柔らかい素材のまな板は、刃への負担を減らせるため切れ味の落ちを防ぎ、刃こぼれや欠けの発生を少なくしてくれます。

釜浅商店のオンラインショップでは、庖丁の刃に負担が少ない天然木と酢酸ビニルのまな板をご用意しております。


庖丁にやさしいまな板 黒

岡山県倉敷市の株式会社天領まな板さんとの共同開発により実現した商品です。
木製のようなやわらかさも持ち合わせているため、庖丁の切れ味の低下を抑えることが最大の特徴です。
素材には酢酸ビニル(EVA)を使用しており、一般的なプラスチックに比べ柔らかく弾力があるので、刃あたりが良く庖丁へのダメージを減らしてくれます。

ご家庭から業務用まで幅広くお使いいただける5サイズ展開でご用意しております。


檜まな板

樹齢200年以上の厳選された木曽檜(ひのき)の柾目材を使用したまな板です。
適度な硬さで刃の当りが良く庖丁の刃を傷めにくいことが最大の特徴です。
多少の庖丁傷も水分を含むと復元していきます。

表示順 : 
表示件数:1~1/1