CATEGORY

銅鍋

銅は鍋の素材として、最も熱伝導率が高いです。すばやく均等に熱を伝えることができるため、温度ムラが発生しづらいことが特徴です。弱火でも短い時間で調理することができます。
また、見た目が美しいことも銅鍋の魅力の1つです。
姫野作.は大正13年から続く大阪の鍋工房で、3代目の姫野寿一は、国内に数人しかいない鍋の手打ち職人です。「使い手と一生付き合える製品」という願いの元、ひとつずつ手打ちでつくられています。
銅は本来柔らかい素材ですが、叩いて金属の粒子を締めることによって硬く丈夫になります。打ち出して生まれる槌目が鍋肌の表面積を広げるため、熱伝導率が向上し、熱がより均一に食材に伝わります。
1.5㎜の厚手の素材を使用しているため蓄熱性に優れ、熱が柔らかく伝わるので、焦げ付きにくいことが特長です。

行平鍋は基本とも言える片手鍋です。底面が広いので火の当たりが柔らかく、日々の煮物や茹で物や出汁取りなど幅広くご使用いただけます。
銅は熱伝導が高いため、一般的な調理だけでなく微妙な火加減が必要とされる料理においても素早く熱を伝えることができます。
サイズは用途によって変わりますが、煮物を多く調理するのであれば18㎝以上がおすすめです。
注意事項
・銅製品につきIHコンロでご使用はできません。
・濡れたままにすると緑青が発生する場合がございます。ただ、緑青は無害ですのでそのままご使用いただけます。
・鍋の変形や破損に繋がるので空焚きはしないでください。
・銅製品はご使用期間に関わらず黒く変色する場合がございます。
・制作時に発生する傷や跡などがある場合がございます。
・保存器ではございませんので調理後は別の容器に移してください。
・表面の錫メッキがはがれることがございます。そのままご使用いただいても問題はありませんが、気になる場合は錫の引き直しも承っております。ご希望の場合は店舗へ直接お問い合わせください。
・ご使用前に必ず同封の取扱説明書をご覧ください。
表示順 : 
表示件数:1~1/1