CATEGORY

アルミ鍋

アルミ鍋はステンレス製のタイプと比較すると熱伝導率が高く、すばやく温度を上げることができます。
鍋の厚みもさまざまです。厚みがあるタイプは食材がくっつきづらいため、ソースづくりや煮込みが得意です。薄いタイプは味噌汁や茹でるなど水分が多い料理に適しています。

釜浅商店ではさまざまなタイプのアルミ鍋をお取り扱いしておりますが、職人の手仕事で生まれる姫野作.の本手打ちアルミ鍋をおすすめしています。
姫野作.は大正13年から続く大阪の鍋工房で、3代目の姫野寿一は、国内に数人しかいない鍋の手打ち職人です。「使い手と一生付き合える製品」という願いの元、ひとつずつ手打ちでつくられています。
アルミは本来柔らかい素材ですが、叩いて金属の粒子を締めることによって硬く丈夫になります。打ち出して生まれる槌目が鍋肌の表面積を広げるため、熱伝導率が向上し、熱がより均一に食材に伝わります。
3㎜の厚手の素材を使用しているため蓄熱性に優れ、熱が柔らかく伝わるので、焦げ付きにくいことが特長です。

行平鍋は基本とも言える片手鍋です。底面が広いので火の当たりが柔らかく、日々の煮物や茹で物や出汁取りなど幅広くご使用いただけます。
サイズは用途によって変わりますが、煮物を多く調理するのであれば18㎝以上がおすすめです。
姫野作.の行平鍋は、注ぎ口の位置をお選びいただけます。鍋を左手で持って右手で調理をする場合は右口、鍋を右手で持って左手で調理をする場合は左口が使いやすいです。5寸と6.5寸は両口仕様のみとなります。

やっとこ鍋は取手の無い鍋です。3口以上のコンロでいっぺんに調理する際に取手が邪魔にならずに調理することができます。また取手が無いので各サイズごとに重ねることができ収納しやすい特徴があります。
行平鍋同様、茹で物、出汁取り、煮込みなど幅広い用途でご使用いただけます。
取手が無いのでやっとこバサミなどをお求めください。
一般的なやっとこバサミに慣れない方にも使いやすいL型もご用意しております。

段付鍋は文字通り内側に段が付いている鍋です。段の下で調理をすることで吹きこぼれにくくなるので、たっぷりのお湯で茹でるときや煮込みにおすすめです。
また、蓋が押さえやすいので、煮っころがしなどの料理もしやすいです。

姫野作.の段付鍋は、段の部分にセイロが乗るようサイズを調整しているので、セイロ鍋としてのご利用もできます。

半寸胴鍋は太鼓型にすることでより一層熱が広がり食材に柔らかく熱を伝えます。
蓋付なので、カレーやシチューなどじっくり煮込む料理に最適です。

八角鍋は末広がりと言われ、縁起の良い形と言われています。
見た目が美しく、寄せ鍋やしゃぶしゃぶなど、卓上で楽しむ鍋に最適です。

初めてご使用いただく前に
・米のとぎ汁を満水近く入れ弱火で20~30分火にかけていただくと被膜ができ変色の発生を減らすことができます。(1ヶ月に1回程定期的にやっていただくと効果的です)

お手入れ
・ご使用後は洗剤を使い、スポンジで洗ってください。
・黒ずみが気になる時は、水を満水近くまで入れ、酸性のもの(レモンの薄切りやお酢など)を入れて弱火で20~30分沸かすと、黒ずみをある程度除去する効果があります。

注意事項
・アルミ製品につきIHコンロでご使用はできません。
・アルミ製品はご使用期間に関わらず黒く変色する場合がございます。
・制作時に発生する傷や跡などがある場合がございます。
・変色の原因となりますので調理後はなるべく早く別の容器に移してください。
・鍋の変形や破損に繋がるので空焚きはしないでください。
・ご使用前に必ず同封の取扱説明書をご覧ください。
表示順 : 
表示件数:1~5/5