• HOME
  • 釜浅式 Slow BBQ

CAMPAIGN

釜浅式 Slow BBQ

【釜浅式Slow BBQとは】

BBQは炭調理を存分に楽しめます。遠赤外線の効果で食材の旨みを存分に引き出すのは、炭調理ならではです。
釜浅商店では、国産や海外産の炭に始まり、炭の効果を存分に発揮できる七輪、火を起こすのに便利な道具など炭道具を数多く取り揃えております。

今の時代は炭を日常的に使うことが少なくなり、火の起こし方や炭の処理、また調理中の煙など、気軽にBBQをする方は減っているかもしれません。

釜浅商店では、BBQ=炭火焼と考えています。炭火焼きは日本ならではの食文化であり優れた調理法の一つです。
炭の中でも備長炭は、強い火力を持ちながらじんわり優しく、遠赤外線効果で素材に旨みを引き出す良質な炭です。

備長炭は着火しにくいですが、長時間燃焼する特性があります。
時間をかけてゆっくり火を起こし、その間に仕込みをするなど、やり方次第でその時間を有効に使うことができます。

釜浅商店では、調理する人も食べる人も同じ時間と空間をのんびり楽しめる、釜浅式Slow BBQをおすすめしています。

道具や素材の使い方を工夫すると、楽しみ方も変わってきます。
家族や仲間とのんびり過ごす、釜浅式BBQをぜひ楽しんでみませんか。

種火と備長炭でじっくり火を起こす
炭への着火は、七輪の前でかかっきりで炭の世話をしなけらばならないなど、大変なイメージを持っている方も多いと思います。
釜浅商店では、なるべく手間をかけずじっくり火を起こす方法を提案します。
・種火用木炭(オガ炭)
BBQで定番の着火しやすい成型木炭を種火に使用します。一緒にいれる備長炭の水分を飛ばして乾かすため、爆ぜにくくする効果があります。
・備長炭
炭素の含有量が多い、白炭と呼ばれる木炭です。着火しにくいですが、長時間高温を維持できるため、釜浅式Slow BBQにぴったりの炭です。
遠火の強火かつ遠赤外線効果で食材の旨みを引き出します。
STEP1
炭を置く
七輪に備長炭と種火用木炭を互いに触れないように並べるのがポイントです。備長炭はゆっくり温度を上げたいため、温度上昇が早い種火用木炭と距離を置きます。
STEP2
炭に着火する
バーナーで種火用木炭に着火します。炭の⅛程度が白茶けるまで火を吹きかけます。この際に七輪の風窓を全開にし、空気の出入り口を作ります。
種火用木炭の⅔以上が白くなっていたら、火がついてる証拠です。炭の状態を見て判断しましょう。

STEP3
備長炭を並べる
着火した種火用木炭を七輪全体に敷き、その上に備長炭を並べます。なるべく整列させて空気の通り道を作ることがポイントです。
ここまでくればあとは着火を確認するだけです。食材の仕込みをこの間で済ませてしまいましょう。
STEP4
炭に空気を送る
時々うちわで小刻みに空気を送ると、着火時間をさらに短縮することができます。
火を起こしてから、5分程度でこの状態になります。

七輪の窓から入った空気に流れをつけると、うまく対流ができ着火のスピードをさらに早くすることができます。網の上に置いて使う、火起こし用の煙突があると便利です。
備長炭の半分以上に灰が被り、変色していたら火がついている証拠です。
今回使用した紀州産の備長炭は着火すると白茶っぽく変色します。
この工程まで焼く50分程度です。のんびり時間をかけて火を起こすので、仲間や家族と軽く乾杯するなどのんびりと準備することができます。


食材を「串打ち」で仕込む
手間要らずの串打ち
食材を網で焼くと汚れが気になったり、焼き加減がうまくコントロールできずに食材を焦がしてしまうなんてこともあります。
そんな時におすすめなのが、串打ちによる仕込みです。
串打ちは、網焼きと違いくっつきや焦付きを気にする必要がありません。また、網汚れによる洗浄の手間を考慮しなくて良いという点もあります。
接地面が少なく焼き加減をコントロールしやすいため、美味しく仕上げることができます。

安定感のある2点打ち
串が1ヶ所だと、食材が転がりやすく焼きにくいことがあります。おすすめなのは安定感のある2点打ちです。
焼く際に2点で支えるため、食材が転がることがありません。
また持ちやすいため、焼く際に串を返しやすいことも嬉しいポイントです。


食材選びで煙を抑える
BBQをする際に気になるのは煙です。できれば少ない煙でストレスなく楽しみたいですよね。
釜浅商店のSlow BBQでは食材選びで煙をコントロールする方法を提案します。
煙は食材から出た脂が炭に付着することで発生します。通常だと炭を置く位置である程度調整できますが、家庭用のサイズだと逃す場所がありません。
そんな時は焼く食材を変えることで煙の量を少なくすることができます。
例えば、同じ肉でも脂身の少ない部位を選ぶことで煙の量を格段に減らすことができます。赤身肉やササミがおすすめです。
脂がのった食材を焼きたい時は、少量ずつ焼くと炭に付着する脂を少なくすることができるため、煙もある程度抑えることができます。


炭を管理する
不純物を吸着する性質を持つ備長炭は、吸着した水分が急に加熱されると中の水分が膨張して爆ぜることがあります。
これを防止するのためは、備長炭にできる限り湿気を吸わせないよう保管することが大切です。
・使わなかった炭
使わなかった炭はビニール袋に入れ、なるべく湿気が入らないようにしっかり閉めて保管します。
一旦空気に触れた炭は湿気を吸収しやすいため、なるべく風が通る場所での保管をおすすめしています。

・使った炭
一度着火した炭は、水ではなく火消しつぼで消化し保管するのがおすすめです。
火消しつぼは蓋を閉めることで酸素が遮断され、10分〜15分で火が消えます。そのまま保管もできるため再利用がしやすいです。

・水で消化したい場合
炭は使い切るか、火消しつぼを使うなど火が消えるまで待つのが最適ですが、どうしてもすぐに火を消さなければならない時は水に浸けます。
水に浸けた状態で一晩置き、その後1日天日干しにし完全に水分を乾かします。
※乾きが甘いと、爆ぜる可能性が高くなります。

炭の着火はのんびりじっくりと、食材は串に打ち焼きやすく、脂の少ない食材で煙知らずな焼き時間、これが釜浅商店が提案する釜浅式Slow BBQです。
炭の準備をする人、食材を仕込む人、はたまた食べる専門の人。
それぞれの人が同じ時間を共有し、好きな場所で好きな時にみんなで楽しむことができる新しいBBQの形です。



釜浅商店がおすすめするしちりんのこと
炭道具の中で主役となるのは七輪です。
釜浅式Slow BBQでは、種火としてオガ炭を使用し、その上に備長炭を配置する方法をご紹介しました。
遠火の強火を可能とする備長炭を使用すれば、遠赤外線効果で素材の旨みをより多く引き出します。
今回使用した釜浅の角型しちりんは横に広い角型なので、定番の肉だけでなく、魚貝や野菜類も炭火でおいしくいただけます。
そのほかにもご家庭で使用しやすい、丸型や人気焼肉店「ゆうじ」と共同開発にて生まれた炭火焼ロースターもご用意しておいます。
・釜浅の丸型しちりん ¥7,700(税込)

釜浅式Slow BBQにおすすめの道具
火起こし
種火を炭に移したり、炭を直接火であぶるなど火を起こす方法はいくつかありますが、やや時間がかかるのが一般的です。
火起こしは、中に炭を入れてそのままガスコンロに乗せて炭を着火させることができるので、効率よく火が起こせる道具です。
家庭でも使いやすいタイプや、中の網や木柄が交換できる業務用タイプもご用意しております。

火消しつぼ
使用した炭は水でも消化できますが、一晩置きさらに天日干しが必要です。
また炭の中に水分が残っていると次に使用する際に爆ぜる可能性もあります。
火消しつぼは炭を安全に消火し再利用できる道具です。炭を火がついたままつぼの中にいれて蓋をすることで中の酸素が無くなり自然に消火されます。火消しつぼで消火した炭は再利用がしやすく、火着きも良いので特に高価な備長炭との相性が良いです。

トーチバーナー、煙突
種火用の炭に火をつける際に、バーナーがあると便利です。木の端材や新聞紙で火をつけるより効率がよく、また短時間で高温にすることができます。
食材の表面を炙るなど、BBQなどのアウトドアシーンで活躍する道具の1つです。
火起こし用煙突は、炭全体に火をまわす時に活躍します。
しちりんには風窓がついており、この風窓から空気が網へと抜けることで炭への着火を促します。
火起こし用煙突はその空気の流れをさらにうまくつくる道具です。空気の流れが煙突に集約されることで流れに勢いがつくため、より早く火をつけることができます。
なかなか炭に火がつかない場合や、より短時間で火をつけたい場合に便利な道具です。
・トーチバーナー ¥2,530(税込み)
・火起こし用煙突 ¥1,980(税込み) 直径10cm×高さ19cm
※トーチバーナーと火起こし用煙突はオンラインショップで販売しておりますせん。
ご希望の場合は、お手数ですがこちらよりお問合せください。

表示順 : 
表示件数:1~9/9