• HOME
  • 庖丁特設ページ -庖丁の上手な選び方-
庖丁の上手な選び方


良理道具
良い道具には良い理がある

釜浅商店で取り扱う庖丁は、日本各地の庖丁の産地で作られる良い理のあるものだけを取り扱っています。職人によって一本一本丁寧に作られる庖丁は、どれも末長くお使いいただけるものばかりです。

釜浅商店ではどんなお客様にも、それぞれの方に合った商品をご案内したく、庖丁も約80種類(約1,000点)以上ある中から、お客様に一本一本、手に取って選んでいただくようにしています。例えば同じ三徳庖丁でも種類が豊富で、それぞれ形や大きさ、重さ、柄の太ささなど様々で、握り心地も1本1本異なります。実際に握ってみることで違いを感じ、自分に合う庖丁を選んでいただいております。
現在、オンラインショップではご家庭でも使い易い庖丁を中心に選び掲載しています。 実店舗のように手に取ってご覧いただくことはかないませんが、遠方の方等、ご来店が難しい方々とお役に立てればと思っております。

様々な形の庖丁の中から自分に合うものを選ぶために、まずは普段の料理のことを振り返ってみることをお勧めします。料理の頻度や食材の量、野菜中心の食生活なのか、お肉やお魚も頻繁に切るのか、キッチンのスペースなども踏まえ、ご自分のライフスタイルに合った庖丁を選んでください。

1人暮らしをきっかけに、自炊をはじめるあなたに
特に用途が決まっていなければ万能庖丁として使える「三徳」の一本があれば間違いありません。刃幅が広い「三徳」は野菜、肉や魚なんでも切ることができます。2本目の庖丁をお考えの場合は、ペティナイフやパン切りがあると便利です。

単身赴任で1人暮しになった
ほとんど外食すると思うけど...
念のために庖丁を一本とお考えのあなたには、「ペティナイフ 15cm」の一本があると良いでしょう。野菜や果物の皮むき、小さな食材のカットに向いているのですが、それ以外の簡単な調理にも使えるので念のための一本として持っておくと良いでしょう。

夫婦2人暮らし平日は朝食だけ
でも週末はホームパーティも
万能庖丁の「三徳」と「ペティナイフ12cm」のセットがおすすめです。例えば、お鍋の野菜やお刺身を引く時は「三徳」を使い、テーブルでお皿の上のお肉のブロックを切り分ける時は「ペティナイフ12cm」を使うなど、食材によって使い分けるができます。また、ペティナイフは使い終えた後の片付けが楽なので、忙しい朝食時にもとても便利です。

家族4人暮らし 毎日の料理を時間を掛けて楽しみたい!
野菜は万能庖丁の「三徳」か「菜切り」で、ブロック肉は「牛刀 21cm」で、そして鯛を一匹自分で捌こう!という時は「出刃 15cm」があると、綺麗に三枚におろすことができます。
それから「柳刃 24cm」を使えば、ピンと角が立った口当たりの良い美味しいお刺身が愉しめますよ。


兼房シリーズ
一般の家庭でも扱いやすい鋼材です。切れ味の持ちはやや短いですが研ぎやすいという特徴があります。

V金1号シリーズ
研ぎやすさと切れ味の持続性のバランスが良いV金1号を使用しております。 プロ仕様のスタンダードモデルとしてもおすすめです。

V金1号ピットシリーズ(溝付き)
研ぎやすさと切れ味の持続性のバランスが良いV金1号を使用しております。プロ仕様のスタンダードモデルとしてもおすすめです。ピット(溝付き)のため、切る際に食材がくっつきにくいことが特徴です。

黒柄鎚目V10ダマスカスシリーズ
硬度が高く、切れ味の持続性が非常によいのが特徴です。刃にダマスカス模様が入っており、鎚目がついたデザイン性の高いシリーズとなっております。

粉末ハイスダマスカスシリーズ
他の鋼材より切れ味の持続が優れており、ハードなプロの現場でも多く支持されています。ダマスカス模様が入っており、非常に美しい仕上がりの庖丁です。



釜浅商店の庖丁のこだわり

庖丁の基礎知識

釜浅のこども庖丁

和庖丁やハガネの庖丁
和庖丁や鋼の庖丁等、オンラインショップに掲載のない商品はメールからもお問い合わせいただけます。
ご希望の際は、お手数ですがこちらよりお問い合わせ下さい。
和庖丁の主なラインナップはこちらからご覧いただけます。