• HOME
  • 堺の庖丁を選ぶたのしみ

CAMPAIGN

堺の庖丁を選ぶたのしみ



堺打刃物を手にする

ふだん何気なく選んで使っている庖丁ですが、もう一歩こだわって選ぶと料理がもっとおいしく楽しくなります。
今回は「堺打刃物」の庖丁に注目。
料理人だけのものじゃない、「堺打刃物」がみなさまにとってより身近で親しみのある良理道具として暮らしに根づくきっかけになれば幸いです。世界が認める切れ味を誇る堺打刃物の魅力をお伝えします。

合羽橋の店舗では、みなさまの最初の一本を選ぶきっかけとして「カスタムオーダー」を承っております。


堺打刃物を知る

堺の庖丁は「鍛冶」「研ぎ」「柄つけ」と分業制で1つの庖丁を生み出しており、その工程はどれもが洗練かつ硬度な技術を要します。
職人はその技術を磨き、より品質の高い庖丁づくりに切磋琢磨しています。
庖丁の産地として世界中に知られる大阪堺のこと、「鍛冶師」「研ぎ師」「柄付け師」それぞれの職人の魅力に迫ります。


今回ご用意する庖丁の刃は「両刃のしのぎ」の庖丁です。
両刃のしのぎのよいところは、「研ぎやすさ」「切り口の美しさ」「食材の身離れのよさ」にあります。
使いやすさと、メンテナンスの良さを持ち合わた両刃しのぎの庖丁の良さをお伝えします。


丁寧につくられ切れ味の良い庖丁も、使い続けると徐々に切れ味が落ちていきます。
それぞれの庖丁に合ったメンテンナンスをすることで切れ味が戻り、使いやすい状態を長く保つことができます。
両刃のしのぎの庖丁に合わせたメンテナンス方法をご紹介します。




表示順 : 
表示件数:1~6/6